印鑑の使用について - よく使用する印鑑

よく使用する印鑑

印鑑は、あらゆる場面で使用されます。それぞれ、押印する内容に応じ名前や形が違います。よく使用される印では、認印(にんいん、みとめいん)・訂正印(ていせいいん)・実印(じついん)等が挙げられます。認印は三文判とも言われます。郵便物、宅配便などの受け取り、簡単な契約書、作業完了書などに使用されることが多いです。一般的に、一番使用率の高い印鑑となります。

形は丸いものが主流ですが、楕円形のものもあります。認印ははんこやでは当たり前ですが、ここ最近では、100円ショップでも販売しています。訂正印は、一般生活の中で使用する頻度は、少ないですが、ビジネス上で試用する事が良くあります。認印を使用することもありますが、、認印よりもひとまわり小さい印鑑を使用することが多いです。最近では、100円ショップで販売されていることもありますが、はんこの専門店へ行くことが確実です。実印は重要な書類を取り交わすときに使用することが多い印鑑です。

よって、各市町村・各機関への届出が必要になります。実印を利用する際は、印鑑証明といい国の機関より証明書を発行していただかなければ使用できないケースが多々あります。使用例と致しまして、家を購入する際取り交わす不動産契約、金融機関からお金を借り入れる際の、金銭取り交わし契約などで使用されます。実印は、大変重要な印鑑となりますので、はんこ専門店等、個人別の印鑑の製造を行っていただける店舗で、作成することが主流です。このように印鑑は、場面、状況に応じ使い分けが必要となる日本独自の文化です。